ファイルタイプについて

音声ファイルのそれぞれの特徴

音楽に限った話ではありませんが、ファイルには様々なタイプが存在します。
例えば画像ファイルには『jpg』や『png』といったファイルタイプがあり、それぞれにメリットとデメリットを持ち合わせています。
このページでは音声ファイルに関するファイルタイプを専門的な話をなるべく省いてゆる〜く説明していきます。

wav [ウェイブ もしくは ワブ]

PCM 音源と呼ばれる非圧縮のデジタル音源です。
ファイルサイズを軽量化する為の『圧縮』を行なっていない『非圧縮』タイプなので、音質はCDとほぼ変わらないどころか近年では(数値上は)CDより遥かに音質の優れたハイレゾ音質なんかもあります。
その分ファイル容量はかなり大きく、今風の言葉で言うとギガをめっちゃ消費するわけです。
 ファイル容量はデカいが音質も最高と覚えておけばOKです。

ちなみに、読み方は『ワブ』と『ウェイブ』の二種類ですが、『ワブ』の方が一般的だそうです。しかし、響きがドチャクソダサいので魔王魂では『ウェイブ』と読んでいます。

mp3 [エムピースリー]

普及率が高く、ほとんどの環境で再生することが可能です。
ファイルサイズが比較的軽く、普及率の高さからmp3を愛用するユーザーは多いです。
特にコダワリがなければmp3にしておけば問題無いでしょう。ただし、再生時に曲の冒頭に極々わずかな空白ができるので『曲の最後まで再生されたら最初に戻る』タイプのループ再生には向きません
(プラグラムにより秒数を指定したループは開発環境によっては綺麗にループさせることも可能かもしれません)
かつては特許の問題で使用されることを敬遠されかけた歴史もありましたが、現在では特許期間を満了し、誰もが自由に取り扱えるようになりました。

まとめると『mp3は使ってる人多いやつ。とりあえずこれ使っておけばいいや』でOK

ogg [オッグ]

上記のmp3の特許問題で騒がれだした時代に代替として作られたのがこのoggと言われています。
同じビットレートであればmp3よりも音質が良く、RPGツクールシリーズのループ再生にも対応しています。
普及率はmp3には遠く及ばず、ソフトウェアによってはこの形式を読み込まないこともあります。
ツクールシリーズで使用される場合はogg形式をオススメしますが、スマートフォンではoggを読み込まない場合もあるため、ユーザーの環境を考慮した上で取り扱う必要があります。

m4a[エムフォーエー]

MPEG-4規格で定められた動画ファイルであるmp4をAppleが独自に拡張したものです。
それ故にAppleユーザーの間ではよく見かけるファイル形式で、mp3よりも音質がよくファイルサイズもスリムなことが特徴と言われています。
iPhoneユーザーにはお馴染みのiTunesで音楽を購入した時もこの『m4a』形式であることが多く、私(もりたこういち)も音楽を観賞用に保管する時はこの形式であることが多いです。